bluesfan.jp

Son House
サン・ハウス

  • BORN: March 21, 1902, Riverton, Mississippi
    1902年3月21日、ミシシッピ州リヴァートン生まれ
  • DIED: October 19, 1988, Detroit, Michigan
    1988年10月19日、ミシガン州デトロイトにて死去
  • vocals guitar

ミシシッピー・デルタ・ブルースの最も偉大な歌手の一人、サン・ハウス。小作農のハウスは独学でギターの弾き方を覚え、ドラマチックで攻撃的なスライド・ギター・スタイルを完成させた。1930年に相棒ウィリー・ブラウンらとウィスコンシン州グラフトンに旅して、パラマウントで初レコーディング。また彼は若きロバート・ジョンソンに絶大な影響を与えた男として認知されている。42年には、アラン・ロマックスに発見され、国会図書館のための吹き込みを行った。その後ニューヨーク州ロチェスターに移って鉄道の仕事についたハウスは音楽活動を休止していたが、64年に再発見され、カムバック。当時のブルース・ブームを加熱させた。70年代初頭まで、世界中のステージに登り、観客たちを魅了した。

Recordings

May 28, 1930, Grafton, Wisconsin
August, 1941, Mississippi
July 17, 1942, Robinsonville, Mississippi
November 23, 1964, Wabash College, Indiana
January 3, 1965, Gaslight Cafe, New York City, New York
April 12-14, 1965, New York City, New York
April 15, 1966, Oberlin College, Ohio

Influences
影響関係

Infl by: Willie Wilson
受けた影響←ウィリー・ウィルソン

Infl to: Robert Johnson, Muddy Waters
与えた影響→ロバート・ジョンソンマディ・ウォーターズ